山崎 曜 製本アーティスト

作品と展示

二十歳の娘への記念プレゼント(ノート挟み)

2017表紙の意匠と制作
168×223×5㎜(開いた状態)


この作に関して、
話は裏面(二つ目の写真)から始まる。


娘が高校の時に、もう壊れてるのにずっと使っていたムーミンの箸入れ。随分前に「捨てられないから、おとうさんこれで何か作って」と預かっていた。そのまま、何にしようかな、と置きっぱなしになっていた。


これを使って、成人記念のプレゼントを作る、ついでに展示にも出す、一挙両得!と思い立ち、ようやく作りはじめた。


物を捨てられない彼女は、愛用してボロボロな山用の雨具も残している。
お気に入りのミントグリーン。
それを下地に敷くことにした。


大学のオープンキャンパスに行った時に拾った、ポプラの種。これも敷いて、色のバランスに黄色の丸(別の場所にも使っている、サボテンの花びらのプリント)を入れた。
表側には雨具の裏地の暗いグレーが見えてるので、こもれびをプリントしたOHPフィルムを重ねて、和紙の丸を入れて、即席月夜となった。
月の中にはスナフキンを配す。

内側はにぎやかそうなムーミン達で「いつも君を見守るあたたかな家族」を表し、外側は「二十歳の君は一人で行く旅人」でもあるよとスナフキンを。
荒涼とした月夜野に、ススキを思わせる羽もあしらう。


ぎゅうぎゅうたくさん詰めたし、箸置きもあるから、なんだかお弁当感があるね。


Birthday present 20years old
( Sandwitched notebook holder ) :

About this work, I start to write inside of the cover.

Moomin's print broken chopsticks box.
She had been using that everyday while her high school days.
Before long, she said to me, "I can not throw it away. Dad, please make something with this." I kept leaving as it is, what to do.

I suddenly came up with this.

Using this I make gift for adult commemoration, also put on exhibits, both at once.

I began to make it at last.

My daughter can't throw things that she loved.
She left ragged rain gear for climbing her favorite mint green.

I decided to lay it on the ground.

I putted on Poplar seeds looks like cotton, that she pick up when she went to the university's open campus.

Also put circles of cactus yellow petal print in color balance. ( I used this yellow paper many times.)

On the front side dark gray of the rain gear lining can be seen, I use transparency film with sunbeams leaves print laid on it.
This combination looks moon night.

On the Inside moomins shows that nice family are always watching you, the out side Snafkin shows that you twenty years old traveler also must go alone.

The feather made wilderness with pampas grass.

I packed a lot and there are chopstick box fragments, so somehow I feel a lunch box.

Copyright (C) 2014 Yo Yamazaki All Rights Reserved.