山崎 曜 製本アーティスト

作品と展示

螺旋に光を入れる(ノート挟み)

2017表紙の意匠と制作
168×223×5㎜(開いた状態)

カタツムリを久しぶりに庭で発見した。その美しさに、はっとなって思わずIphone7で撮った。

写真で「拾う」って思った。

僕はいつもガラクタや植物の種や昆虫の死骸とかそのほかのいろいろを拾う。東急ハンズに行って、使い方を知らない、小さく精巧なベアリングとか、ガラスエポキシでできた小さな基盤(灰緑色に惹かれる)を買ったりもする。

そのようにして、いつも、好きなものやひっかかったものが集まっていることになる。

この時、写真を撮ることに、同じ気分を感じた。

いままで、そういうふうに意識したことはなかった。

アクリルの板の間に挟むというアイデアは随分前からやっている。

しかし、写真を挟むことは考えていなかった。自分にちゃんとした写真が撮れるとは思わなかったから。だが、写真が透けていれば感覚的に効果を作れると思った。ならば必ずしも「ちゃんと」撮る必要はない。それに気づくと嬉しくなった。OHPフィルムというものがあったけど、まだ売っているかな?と思った。検索してみるとあった。たくさん買いこんで、たくさんプリントしてみた。

半紙に墨を塗ってもみくちゃにしたのの上に重ねてみた。

透明な画像は沈んで、よく見えなくなってしまう。
そこでプリントしたフィルムの下に、脱脂綿を置いてみる。
すると貝殻の部分だけに光が差したようになった。とてもいい感じだ。


サンドイッチホルダーと名付けたノート挟みは、この最初の一つをきっかけに始まった。

螺旋は僕を胎内回帰的イメージに連れ出す。

カタツムリは陸の貝なのだが、私は仄暗い浜辺で、潮騒に包まれている気分になる。
やはり、貝は海のイメージなのだ。



I put the light in the spiral
( Sandwitched notebook holder ) :


I discovered a snail in the garden for the first time in a long time.

I captured it with my Iphone 7 without thinking of its beauty.

Capturing this photo was like picking something up with my hands I always pick up bits of trash, plant species, insect carcasses and a variety of other things.

I also occasionally go to Tokyu Hands to buy small, elaborate nic nacks that I do not know how to use, such as small printed circuit boards made of glass epoxy attracted to gray green.

That way, things I like are always gathered all the time. At this time while I was taking the photo, I had the same feeling. I have never been conscious of that feeling in the past.

I have used the sandwiching between acrylic boards technique for a long time.
However, I did not think about sandwiching photographs.
I thought that this would be a good idea.
If the picture was transparent it would make me more happy.

It made me think is OHP film still sold? I tried searching for it and there it was. I bought many packets and began printing.

I painted soft Japanese calligraphy paper with black ink, I clumpled it, then I overlaid the printed transparent film on top of it.
But the transparent images could not be seen well.
I then put white absorbent cotton under the printed film and the shell part then came to light. It was a very nice feeling.

Every sandwitched notebook holder I made began with this first one.

The snail is a shell of the land, but I feel like I'm standing by the dark sea shore hearing the tide.
Again, the shellfish is an image of the sea.

Copyright (C) 2014 Yo Yamazaki All Rights Reserved.